• ・感染性胃腸炎となるウイルスでヒトの腸管内のみで増殖し、過去に感染した人でも繰り返し発症・感染します。
  • ・感染力が非常に強く、少量(100個以下)でも感染します。また、一年を通して発生は見られ、冬季にピークを迎えます。
  • ・エタノールによって不活化されにくいウイルスです。
  • 感染した状態
  • ・感染後24~48時間で下痢・吐き気・嘔吐・腹痛・発熱などの症状が出ます。
  • ・通常3日以内に回復しますが、ウイルスは感染してから1週間程度糞便中に排泄され続けます。
  • 感染経路
  • ・感染した人の嘔吐物や糞便などが川から海へと運ばれ、二枚貝に蓄積され、
     加熱処理されないまま食べると感染してしまいます。
  • ・感染した人がウイルスが手についたまま調理すると食品が汚染され、結果その
     食品を食べた人が感染してしまいます。
  • ・ノロウイルスを含む嘔吐物や糞尿を不適切に処理をした場合、そのウイルスが
     空気などを介して経口感染することがあります。
  • ・感染者が触れた手すり、ドアノブなどから二次感染することがあります。
  • 加熱による消毒
  • ・他の微生物などと比べると熱に強いので、金属製・木製・プラスチック製・共に熱湯で消毒(85℃で1分間以上)してください。
  • 次亜塩素酸ナトリウムによる除菌(パソカット80)
  • ・0.02%次亜塩素酸ナトリウムに浸けこむか、浸すように拭く。10分後に水洗い、又は水拭きする。
  • 基本の手洗い
  • ・ノロウイルスによる感染性は、多くの場合ウイルスに触れた人の手を介して感染が拡大します。手洗いを励行してください。
  • ・ノロウイルスは他のウイルスや細菌に比べて小さいので、時間をかけて丁寧に洗うことが大切です。
  • 手洗いの手順
  • 石鹸を使い十分にこすり洗いをしてください。
  • 手拭き用タオルは共有せず、個人用タオルを利用するか、ペーパータオル等を使い、毎回タオルを交換してください。
  • 蛇口の水栓は手と一緒に洗うか、ペーパータオルを利用して絞め、再汚染を防いでください。
参 考:東京都福祉保健局「防ごう!ノロウイルス食中毒」